事前チェック 〜Sing with NATURE の準備〜

湘南の海岸に行ってきました。
本番に向けて波の音の収録のノウハウを蓄積するためです。

ここ1ヶ月の間に同じ場所に4回通っているのですが、波の表情は日によって全く違います。
今日は台風の影響か、風が強く波も比較的高めでした。

波打ち際からのマイクの距離を変えながら数カ所録音したので、これをギタリストとチェックしながらdのようなサウンドに仕上げるかというイメージを明確にした上で本番に臨みたいと思います。

目下の悩みは「風」です。
海辺の強い風はマイクに当たって「ボコボコ」というノイズを発生させてしまいます。
風防を何重にも重ねるとその問題は解決するのですが、高い音域の音がマイクに届く前に風防に吸収されてしまうので、
鮮度の良い理想の音から少し遠のいてしまいます。
そのダメージをどの範囲まで後の処理でリカバーできるのかを前もってチェックしておくのも大切な作業です。

1日海辺にいたら結構疲れてしまいました(笑)
海に浮かぶスーパー・ムーンを見る前に帰路についてしまいました。

ざんねん!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事