192KHz 24bit

最近の作業は、いわゆる「ハイレゾ」でのレコーディングです。
上位のハイレゾ規格に対応するため機材を大幅に更新したため、現場では機材に音になれるのに時間がかかっていますが、スタジオに持ち帰ってチェックを行うと「なるほど!」と思ってしまいます。

長い間ハイレゾは敬遠してきましたが、その理由はまたいつか。

真ん中の銀色の機材はルビジウム・クロックと言います。
録音される音の”デジタル的”な正確さを上げるために使用しています。

By VIVID productions

20150221

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事