ライブ録音 (浅野真弓 室内楽シリーズ第6回withクァルテット・エクセルシオ )

・ピアノ・ソロ
・ピアノ3重奏
・ピアノ4重奏
のライブ・レコーディング。
Main mic : Sennheiser 8040
Ambience mic : Earth works QTC-40
Spot mic : Sennheiser 8090
Recorder : Sound devices 788T @96KHz 24bit

王子ホールはその豊かな響きで幅広い演奏者に人気のホールです。
ピアニストの浅野真弓さんとは昨年の春以来のお仕事でした。
前回は浅野さんと初めてのお仕事だったのですが、その結果と反省を踏まえ、技術的な諸々を変更して臨みました。
また、弊社の方向性としてクラシックのコンサートのステージマイクを立てるということについては極力避ける方向にしており、
今回もステージ上にマイクをベタ置きする方法で臨みました。
その場合、バイオリンなど、床からの位置が高い楽器の音が録りにくくなるなどの苦労はありますが、その点はメイン枚を慎重に調整することで解決できる様です。
ホールの音響さんからも「こんなにメインマイクを動かす業者さんも珍しいです」と言われました(笑)
メインマイクの調整はクラシック録音の基本中の基本です。
その点を大切に、技術に溺れない様に「音楽」を大切にしていきたいと思います。

以下は昨年の録音です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事