ぼちぼちかな?

SONYさんが開発したLDACという規格でハイレゾがワイヤレスで伝送できるようになったそうです。

ハイレゾの歴史って意外に古くって1999年にSonyとPhilipsがSACD用に開発したのが始まり。 その頃はプレーヤーが高価で普及には至らなかったけれど、今はものすごい勢いでインフラが整いつつある。

音の文化の新しい時代が到来した!
きっと色々なことができそうで、色々なことが起こりそう。
人の気持ちが豊かになるような、そんなきっかけになって欲しいものです。

20150528

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事