Jolly Rogers 東京オペラシティ 〜384KHz 32bitハイレゾ・ライブ録音〜

コーラスグルプJolly Rogersさんの秋の定期演奏会の収録に行ってきました。
Jplly Rogers さんは今年で結成20周年を迎えられます。
そんな記念すべき演奏会ということもあって、今回は384KHz 32bitのハイパー・ハイレゾでライブを収録することにしました。

バックアップには192KHz 24bitのレコーダーを使用したのですが、音質の違いは歴然としたものです。
ハイレゾ・・・と聞くと敷居が高そうなイメージがありますが、クラシックのコンサートであれば写真のような簡単な機材で収録することができます。

自分が仕事を始めた頃のことを考えると、今更ながらに世の中進歩したものだ(笑)
と思えて仕方ありません。

肝心の演奏会ですが、さすが20周年というべき充実した内容で、最初から最後までじっくりと楽しむことができました!
アマチュアの男声合唱団でありながら、どうしてオペラシティのコンサート・ホールを満員にできるのか?
音楽に真摯に向かい合い、本気で楽しめば音楽の神様は誰にでも微笑んでくれるということをJolly Rogersのおじさま達は知っているのではないか?ということを改めて実感させていただきました。
僕にとっても年に一度のこのライブ収録はいつも元気と大きな刺激をもらっています。

Jollu Rogersのみなさま、本当におめでとうございます!
これから30、40周年目指して楽しい音楽を作り続けてください。
微力ながらお手伝いできればと思っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事