積み重ね

4月頭のコーラスのレコーディングのための準備。

かれこれ4回目の収録になるのだが、この合唱団は収録が終わるごとに指揮者の先生と編集、マスタリングを行いながら色々とディスカッションを行う。

お互いの思うサウンドは演奏してみて、それをスピーカーから鳴らしてみて、それに対する意見を共有することでしか共通のものにならない。
だからこのような積み重ねていくやり方は本当に大切だと思う。

録音の方法、マイクの位置、合唱団の配置など、僕は本当にいい勉強をさせてもらっていると思う。それは指揮者の先生も同じ。
なので、回を追うごとに目指すサウンドもハッキリして来てるし課題も増えてくる。

今の課題は簡単に言うとスタンドをどこまで高く上げられるか?
教会での収録は三点吊りも無いので知恵を絞るところだ。

おかげで今日は1日ノコギリと格闘してました。

写真はケーブル作成後のチェック。
ここでアウトだと非常に悲しいです(笑)

20150326

 

 

 

 

 

 

 

By VIVID productions

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事