トークバック

新しいトークバック用のマイク。

レコーディングの現場ではミュージシャンと製作サイドのやりとりはマイクとスピーカー越しに行われる事が多い。

このスピーカー越しのやりとりが実は曲者で、ミュージシャンに対する言葉のかけ方一つで演奏がガラリと変わってしまうデリケートな物なのだ。

その辺りの繊細さはスタジオワークを経験したスタッフにしか解らないかもしれない。

何はともあれ良い録音は良い音楽作りから。
良い音楽作りは良いコミュニケーションからということだろう。 

20150301

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事