ぴあのピア第23回収録

ぴあのピア第23回収録
@杜のホールはしもと

出演 中井正子様
   橘高昌男様
   伊藤恵様

使用マイクロホン NEUMANN M-150,SENNHEISER MKH-800

今日は2種類のマイクを使ってみた。
両方とも現行のモデルの中ではトップクラスの性能を持っているだけあって、面白い。
現在レギュラーで使用しているマイクはNEUMANN M-150。このマイクの魅力は”音楽的な空間の再現に優れている”と言う所だろうか。
ハーモニー、ダイナミクス・・・音楽の表現を余すことなくキャッチしてくれる。

今日のセッションで追加したもう1本はSENNHEISER MKH-800
原音に対する忠実度という意味では現存するマイクの中でも抜きん出ている物があると思う。

ただ、完全な道具などという物なく、収録されるソフトも聞かれる人によってそのとらえ方が変わるので”これが最高!!”と言う物もない。
それぞれの長所、短所を聞き分けながらピアニストと一緒に曲と演奏にあったマイクを選んでいった。

演奏をメディアに収めると言う事は、ある断片を切り取って人に物事を伝えると言うことなのだが、
発信する人、受け取る人全てを納得させる断片を見つけるのはやはり難しい。

By VIVID productions

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事