16トラックでの制作が可能になります 〜384KHz 32bit PCM、11,2MHz DSD〜

  • 2016.1.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月より、384KHz 32bit PCM、11,2MHz DSD、16トラックでの制作に対応いたします。

Merging Technologies HORS が16入力対応の仕様に
Merging Technologiesがstandard version からpro version
へのアップグレードになります。

室内楽のサラウンド制作やオーケストラの収録、
ジャズのカルテットなど・・・・
幅広いジャンルの録音制作に対応できるようになります。

ハイレゾ制作をお考えのお客様は是非ご相談ください。
個人からのお問い合わせも、レコード会社様、レーベル様からのお問い合わせもお待ちしております。

horus

ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事