配信、CD 制作のための録音、ご相談ください

はじめに
line1

CDなどの音源の制作は大変な仕事です。

録音という非日常的な場所での演奏を強いられ、収録後の編集の段階では自分の演奏と真正面から向き合わなければなりません。そうした一連の作業の中で演奏家にとって最も大切な事は“常に平静な状態で音楽を楽しめる“状態に自分自身をコントロールする事です。

たとえば、CDを購入する人は、演奏者のあら探しをするために購入する訳ではありません。 間違いのない、正確な演奏を求めているわけでもありません。
演奏家の持つ“音楽”を聞くためにCDを購入するのではないでしょうか?

“音源は、演奏家の音楽をリスナーの皆さんに届けるための媒体”
これがVIVID productionsの音源制作に対する位置づけです。

ホール、スタジオ、ライブなどの録音現場では、音楽を最大限に楽しんで頂いて、それをパッケージに封じ込めることが最も重要な作業となります。

 

CDは演奏家のポートレートであり、名刺です。
line1

VIVID productionsは、自社レーベルEver Green Publishingsでの豊富なCD制作の経験と、NHKの音楽番組の録音で磨かれた技術、数々の雑誌で優秀ディスク、優秀録音に輝いた実績を元に、ハード、ソフトの両面からお客様のCD制作をサポートいたします。

【主な受賞作品(CD)】

Solo Waka  高橋和歌(Vl)
レコード芸術 2010年6月号 特集記事
レコード芸術 2010年7月号 準特選版
Stereo 2010年7月号 優秀録音
AV Revew 2010年 11月号 特集記事
Stereo 2010年 夏号 特集記事

プーランクピアノ作品集Vol,1   渡辺秋香(Pf)
レコード芸術 2009年6月号 特選版
Stereo Sound 209年夏号 特集記事
Stereo 2010年10月号 優秀録音

Especialy   越野景子(Pf)
レコード芸術 2008年12月号 優秀録音
Audio Accessory 2009年冬号 優秀録音
toiawase_banner
ページの先頭へ戻

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。
  2. ピアニスト・コンポーザーの小笠原育美さんのジャケット撮影で那須高原の森にやって来ました。
  3. 2019.11.6

    テスト録音
    12月に予定している小笠原育美さんのレコーディングのテスト録音でした。

過去の記事