指揮官

コンピューター・ベースの録音が始まって、現場でも色々な事が出来る様になった。

上手く使えば作業をより効率的に出来るし、ミュージシャンのモチベーションも上げられる。

一方で下手に扱うと音がそのものをスポイルしてしまう。

レコーディング全体の指揮を取る人間の重要性はここにあって、音楽、ミュージシャンの心理状態、体調、時間…
全てに気を配りながら限られた条件の中で最良の結果に導いてくれる。

それはやっぱり積み重ねられた経験以外の何者でもない様だ。

 

20150226

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事