ハイレゾ仕様でのスタジオレコーディング

弊社所属のアーティスト  のレコーディングを、目黒区の青葉台スタジオで行いました。

アルバム用の2曲をピアノと弦楽四重奏という編成で録音。

使用したマイクは・・・、
Vl    NEUMANN M-269
Vl    NEUMANN M-269
Va   NEUMANN M-269
Vc   NEUMANN M-269
Strings Ambience NEUMANN M-149

Pf    NEUMANN M-269×2
Pf Ambience NEUMANN M-150

プリアンプは、弊社仕様に改造した「Millenia Media HV-3Dを16ch」仕様しました。

今回は、96KHz 24bitのハイレゾ仕様でのレコーディングです。
仕様したマイクは、全てヴィンテージと呼ばれる真空管を搭載したマイクで、その温かみのあるサウンドと
ハイレゾ特有の立体感あるサウンドで、とても素晴らしいサウンドになりました。

さらに、気心の知れた優秀なスタッフのおかげで、とても音楽性溢れる演奏が録れたと思います。
スタッフの皆さま、ありがとうございました。

リリースをお楽しみに!

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事