しびれる電源

機材用の電源の製作をお願いしていたKさんが出来上がった電源を持って来て下さった。
よく電気製品やPCパーツについている黒くて四角い電源アダプターなのだが、ここを変えるだけで機材の音質がガラガラと変わる。

結果はかなり満足のいくものだった。
これまで電源に起因する音の悪さを修正するために色々なことを修正していることはわかっていたものの、それが「やっぱりそうだったか」と思える結果を得られた。
これで仕事がもっとシンプルで的確で迅速になる。

と、喜んでいたのもつかの間、Kさんが

「ちょっと修正したいところがあります」

といって電源を持って帰ってしまった。
こだわって頂けるのは本当にありがたいことだ。

小さなことの積み重ねだけどとても大事なことがまだまだ色々ありそうだ。
手間と時間がかかる仕事ではあるけれど、大企業にはできない音作りはこういうところから始まるのだとも思う。

Kさん、雨の中ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事