ぴあのピア4回目収録

出演
小倉貴久子
広沢麻美
桐山建志

フォルテピアノを中心としたチェンバーオーケストラの収録

最初、アンサンブルを上手くコントロール出来ないで焦って居るところにPR番組のカメラが執拗に僕を追いかけ来る。
必死に(実は焦って)仕事をしている姿が最も動きのあるパートに見えた様だ。
元々カメラに録られるのは苦手なので内心はとても戸惑いながらも、収録も落としどころを見つけなければならず、普段の4倍大変だった。

こんな汚いオヤジ写したらPRに逆効果だと思うが・・・
(きっと編集で落ちるでしょう)

By VIVID productions

20061202

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事