ぴあのピア第22回収録

ぴあのピア第22回収録
行徳文化会館I&I

出演 伊藤恵様
   小菅優様
   小林五月様

使用マイク NEUMANN M-150 tube

田舎の父に頼んでスピーカー用のスタンドを作ってもらった。
録音の現場では正確なモニタリングが困難なためヘッドフォンでのモニターが基本となるが、テレビの収録の様な大所帯ではその様な訳にも行かず、可能な限りスタッフ全員が同じ環境で収録された物をチェック出来る環境を作らなければならない。
そこで今回は父に無理を言って分厚くて堅い赤松の木を使って重くてしっかりとしたスタンドを作ってもらった。
仮設の現場で問題になりがちな低音の暴れも押さえられ、正確なモニターが可能になったと思う。

演奏の方も名手3人の競演という感じで1日たっぷりとピアノの音楽を楽しませて頂いた。
それにしてもシューマン、
ここまで恋焦がれられたクララってどんな気持ちだったんだろう??

By VIVID productions

20070508

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップブログ記事

  1. (有)VIVID productionsではハイレゾの高音質を生かしたCD制作を体験していた...
  2. [caption id="attachment_3074" align="alignnone" wi...
  3. クラシックのCD制作のための録音において、ホール選びは重要な要素です。

過去の記事